被害のパターン

出会い系サイトを有効に活用するためには、被害のパターンを把握しておくことが重要です。
悪質業者によるトラブルが相次いでいる状況ですが、利用者の多くは、つい自分には関係ない、大丈夫だと思い込んでしまうもの。
しかしいつどこでトラブルに見舞われるかわからないもの。
それに備えるためにも被害のパターンの把握は重要なのです。
出会い系サイトで被害を得るパターンは大きく分けて2種類。

ひとつは架空請求。
利用した覚えのない料金を一方的に請求されるパターンで、もう支払わなければ家や会社まで回収に行く、あるいは法的措置をとるいった脅し文句がついてきます。
出会い系サイトを利用していることを他の人に知られたくないあまり、脅しに屈してしまうケースが多いのです。
この場合は完全な詐欺行為ですから、一切無視するのがもっとも無難な対処方法となります。

もうひとつがサクラ。
こちらは出会い系を利用する上でどうしても避けて通れない被害でもあります。
また、実態がよくわからない、本当にサクラに騙されたかどうかもよくわからないケースが多いのも特徴です。
思わせぶりに近づいて交際を開始し、サイトのサービスを利用した上での連絡を取り合った挙句メールアドレスの交換や直接会う機会の直前で関係を絶ってしまうのが典型的な手口。
つまりサービスを利用してポイントを加算させるのが目的なのです。
見極めが非常に難しく、いつまで経ってもメール交換に応じてくれない場合には、こっちの方から関係を絶つ、思い切りも大事となります。

また、有名な大手企業ならサクラが存在せず安心して利用できるでしょう。
こうした被害のパターンを詳しく知ることでトラブルを未然に防ぐことができます。
出会い系サイトを利用する際には、ぜひとも踏まえておきたいところです。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ